トップページ2017年農業共済新聞一覧鶏卵販売

リピーターの方への期待に応えていきたい

大和郡山市 堀内 丈德さん

2017.10.25

 「毎日健康で作業を行えることに喜びを感じます」と話すのは、大和郡山市の堀内丈德さん。水稲1.5㌶の栽培、鶏2万羽の飼育に取り組んでいる。
堀内さんは子供の頃から両親が営んでいた農業の手伝いをしていたこともあり、父親の背中を見て後継者として就農することを決意。
15年前頃から栽培した水稲の米ぬかを鶏のエサにし、飼育する鶏の鶏糞を水稲の肥料として活用する「資源循環型農業」を取り入れ、出来る限り減農薬栽培を行っている。
栽培する水稲は自宅での直売をメインに行い、10kg3000円で販売している。消費者は若年層のリピーターが多く、「一般的なお米よりも粘り気が強く、甘くておいしい」と好評を得ている。
今後について、「今のリピーターの方への期待に応えるために、より高品質なお米を提供し続けていきたいですね」と意欲的な堀内さんだ。
▽堀内エッグファーム=℡0743・54・1105

とっておきフォトグラフィ

「水稲の栽培時に、鶏糞の散布量に気をつけています」と堀内さん
農業共済新聞のお申し込みはこちら

家畜診療所

このページのトップへ