トップページ2014年農業共済新聞一覧後継者

家業を継いでトマトやナスを栽培

天理市桧垣町 木村 日郎司さん

2014.10.8

 印刷関連会社を退職後、奈良県農業大学校を卒業して就農しました。
 実家で父親が農業を営んでいたので、高校を卒業して2年後に家業を継ぐことを決意しました。
 小学生の頃から父親の背中を見ていて、一緒に市場へついて行くこともあったので昔から農業へ興味がありました。
 現在はトマト50㌃、ナス10㌃、水稲1㌶を栽培しており、トマトの栽培を主としているのでトマトが甘くておいしいと言われると嬉しいです。
 主にJAならけんへ出荷しており、他にも大手スーパーマーケットやコンビニなどへ出荷しています。
 農業は時間調整も自由なことが多く、サラリーマンの友人と比較すると自分のペースで作業が進められます。また、一から自分で栽培した作物をおいしいと言って食べてもらえることに魅力を感じます。
 今後は少しでも高品質な作物を提供していきたいです。

とっておきフォトグラフィ

丁寧にナスを手入れする木村さん
農業共済新聞のお申し込みはこちら

家畜診療所

このページのトップへ