トップページ2014年農業共済新聞一覧お茶

手もみ茶の魅力を発信していきたい

奈良市 上久保 淳一さん

2014.5.14

 高校卒業後、静岡にある野菜茶業研究所で2年間研修を受け、その後2年間の実地研修を経て就農し、今年で2年目になります。
 昔から植物が持つ可能性に魅力を感じ、おいしいお茶を栽培する担い手になろうと家業を継ぎました。
 就農する際には実際に経営して独立できるかどうか不安がありましたが、手もみ茶の魅力を発信していきたいという思いを強く持っていたので就農を決意しました。
 現在はお茶5㌶、水稲60㌃を栽培しており、お茶の文化・魅力を伝えるための普及活動を行っています。近年では毎年開催される全国手もみ茶品評会で上位に入賞しました。
 農業は人類の生命を司る職業であり、新たなものを作っていける面白い産業であることに魅力を感じています。
 今後は高齢化していく中で農業の担い手として農地を集積し、規模拡大していけるような企業体になりたいです。

とっておきフォトグラフィ

お茶の栽培管理を行う上久保さん
農業共済新聞のお申し込みはこちら

家畜診療所

このページのトップへ