トップページ2014年農業共済新聞一覧ヒノヒカリ

一枚の田んぼで高品質なコメとわらを

五條市 南 忠宏さん

2014.2.26

 奈良の農業大学校を卒業後に就農し、今年で4年目になります。
 小さい頃から農業機械に興味があり、小学校4年生の頃から田んぼの中でトラクターの運転をしていました。
 現在は両親の後を継ぐために父、母、私の3人で水稲(1.5㌶)とナス(7㌃)を栽培しています。
 就農する際には金銭面や今後の農業経営について不安が大きくなっていました。ですが、父の背中を見て自分も頑張れると思い、就農を決意しました。
 サラリーマンと比べると農業は収入面での安定はありませんが、日頃からお客さんと対話を図り、人付き合いが楽しくてとてもやりがいがあります。
 農業は自分が作った作物が他と違って一番美味しいといってもらえることに魅力を感じています。
将来は、ほ場を区画整備して一枚の田んぼで高品質なコメとわらを栽培したいです。

とっておきフォトグラフィ

「精米をこまめに行い、出来るだけ早くお客さんへお届けするよう心掛けています」
農業共済新聞のお申し込みはこちら

家畜診療所

このページのトップへ