トップページNOSAIとは?

NOSAIとは?

現在のNOSAI制度は、戦前の家畜保険(昭和4年制定)と農業保険(昭和13年制定)が統合して、昭和22年に制定された農業災害補償法の下、農地改正によって創出された自作農民の経営を支えるための主要な災害対策として再スタートした農業保険制度です。
NOSAI制度(農業共済制度)は、農家が掛金を出し合って共同準備財産をつくり、災害が発生した時に共済金を支払いして農家経営を守るという、農家の相互扶助を基本とした「共済保険」となっています。
特に農業は、ほかの産業と違い自然条件に依存することが大きいこと、農業災害は予期しないときに発生すること、また、場合によっては極めて広範囲に発生するという特性があることなどから、国が掛金の約半分を負担しています。
NOSAI(農業共済)団体は、農家と国が掛金を出し合って共同の財源を準備し災害が発生した際、共済金の支払いにより農業経営の安定を図る相互扶助を基本とした制度を事業展開している団体です。

農業共済事業の仕組み

農業共済事業仕組み図
農業共済新聞 web版はこちら
農業共済新聞イメージ 農業共済新聞定期購読の詳細はこちら

家畜診療所

このページのトップへ